妊婦です。便秘薬、飲んでも平気でしょうか?|妊娠中の悩み

妊娠中の妊婦さんに最適な便秘対策によい解決方法を紹介しています。

妊娠中に便秘薬飲んでも平気?

妊婦中の便秘薬服用は、種類を選べば飲むことが可能です。最近では薬局でも酸化マグネシウムを主成分とし、セルロースが添加された習慣性になりにくいタイプも手に入りますが、定期健診を受けているかかりつけの産科に相談し処方するのが安心です。
産科では一般的にラキソベロン(ピコスルファートナトリウム水和物)が処方されます。人間ドッグでバリュームを飲んだ際の下剤としても使用されているポピュラーな薬ですが、飲む続けることで習慣性があるため、日頃の生活習慣(水分補給・食物繊維の摂取・軽い運動)で改善することがベストです。


妊娠中の便秘について

妊娠中は、以下の理由で便秘になりやすくなると言われています。

  • 妊娠によって分泌されている黄体ホルモン(プロゲステロン)腸の働きを抑制し、排出力が落ちる
  • お腹の胎児の成長により子宮が腸を圧迫し、腸の幅が狭まり便が詰まる

妊娠するまで便秘に無縁だった体質でも、上記の理由で便秘に悩んでしまうことは少なくありません。また直接の理由にはなりませんが、妊娠中はからだの水分が胎児へ供給されるため、妊婦自身が水分不足になることも要因の1つと考えられます。
便秘症状が続くと痔(脱腸)になりやすくなります。水分不足の硬い便が腸の出口付近で蓄積されるのが原因です。出産の衝撃でも痔(脱腸)になりやすくなるので、便秘を解消することは安産にも繋がります。(たかが便秘…)と軽い気持ちではなく、より症状が深刻になる前に便秘を改善する必要があります。


妊娠中の便秘はどんな方法で解決するのがベスト?

妊娠中、便秘を解消するには1に水分補給(1日に1リットル以上)、2に多くの食物繊維を摂取することが必要です。しかし最近では臨月手前まで働いて、自身の体調管理に時間の余裕が持てない妊婦さんも増えてきました。(ただでさえ頻尿で頻繁にトイレに行くのに、さらに水分なんて周りの目が気になる…)という意見が圧倒的に多く、便秘がより深刻になってしまいます。
腸の活性化には善玉菌が必須で、この善玉菌を育てることが便秘を解決する近道となります。よく乳酸菌を連想する妊婦さんが多いのですが、乳酸菌は化学的につくられた成分で、人の大腸との相性はあまりよくなく、腸内で増えはするものの育つ力は低いのでお勧めできません。
そこでお勧めなのがグア豆を使ったお茶です。グア豆はマメ科一年生植物で、腸内環境が整え(弱酸性の状態)善玉菌が育ちやすい環境にしてくれます。食物繊維が豊富だといわれる寒天と比較しても非常に高い効果があります(寒天の発酵分解率が25%未満なのに対し、グア豆は75%以上)。

guamame7.gif


グア豆ってはじめて聞くけど、安全なの?

正しく表現すると、お茶にはグア豆から水溶性の食物繊維(グアガムと呼ばれる)が使用されています。グアガムは厚生労働省が指定する特定保健用食品に関与する成分として認可を受けており、医療現場でも使用されているので妊娠中でも安心して飲むことができます。
日本で販売されているグア豆を使用したお茶は幾つかありますが、中でもお勧めなのがおつうじ屋という会社が販売している するっと抹茶 です。妊婦さんの間で話題の理由は以下のとおりです。

  • 自然栽培(無農薬)で育てられたグア豆が使用されている
  • グア豆のほか、使用されているのは桑葉・テン菜(ビート)と100%天然素材
  • 妊婦に良いと言われる葉酸が天然成分で摂取できる
  • 天然成分で鉄分・ビタミン・ミネラル・カルシウム妊娠に必要な栄養が豊富で、化学的なサプリメントが不要になる
  • 主成分の栽培方法だけでなく加工方法も安心品質(人工甘味料・防腐剤・着色料・保存料一切不使用
  • ノンカフェインだから胎児への影響がなく、不眠の心配もない
  • つわりを感じても抹茶と変わらないおいしさで、飲むことができる



するっと抹茶 は女性が自身の悩んだ実体験をもとにつくらえており、妊婦さんのためにつくられた便秘茶といっても過言ではありません。妊娠はとってもとってもデリケートな時期だからこそ安心できる品質が求められます。
また産後は母乳に水分が使われ、妊娠中以上に便秘になる女性が多いため、産後の便秘を解消するお茶としても最適です(詳細はこちら)。

arrow008.png するっと抹茶の詳細を確認する